ゆっくりとした逃避行をする 日本の反ヤクザ法は、高齢化した暴力団の集団を生み出している。

人口動態の偏りと法的な取り締まりが相まって、日本のヤクザの犯罪組織は、減少しつつある組員を補充するために新しい血を集めるのに苦労しているため、最も汚い仕事をするために中年の男性を呼ぶことを余儀なくされている。

警察庁の新しい報告書によると、2006年に記録が始まって以来初めて、正組員の51.2%が50歳以上の高齢者であることが明らかになった。

年には30代が最も多かったが、現在は14%にとどまっている。20代は5%未満で、セプチュアゲニアンは現在10%強を占めていると警察庁は述べている。

主要なギャングに対する10年以上の警察の取り締まりと経済的な不確実性により、ヤクザが簡単にお金が手に入るという約束で若者を誘惑することが難しくなっている。代わりに、彼らは彼らのボスと長い実刑判決に代わってリスクテイクの数十年に直面している – すべての年金の見通しなし。

“日本の高齢化ももちろん要因だが、ヤクザのシーンは若い男性にとって魅力的な提案ではなくなっている」と、ヤクザの専門家で作家の鈴木智彦氏はガーディアン紙に語った。”ヤクザの生活を送るためには多くの犠牲を払わなければならないが、その見返りはますます少なくなっている」とガーディアンに語った。

かつてはほとんど問題なく活動していた暴力団とのつながりを持つ企業を対象とした法律などの厳格化により、犯罪者としての生活はますます魅力的ではなくなっている。

時代は変わった
70代で引退した元暴力団員は、大量の若者がすぐに挫折し、勧誘されてから1年も経たないうちに辞めてしまうのを目の当たりにしてきたという。

“私の世代は、女性に人気があり、お金を持っていて、高級車に乗っている高級暴力団の組員になることを夢見ていた」と朝日新聞に語った。”しかし、時代は変わった。今の若者は暴力団に縛られることを嫌うようになった」と語った。

日本の犯罪者コミュニティの高齢化は、メンバーの着実な減少と一致している。1960年代のピーク時には、ヤクザは18万人以上の組員を抱えていたが、当時は社会が暴力団を立派な無法者とみなすロマンティックな見方をしていた。

その数は2006年以降毎年減少しており、正式にヤクザとして登録されていない組員を含めて87,000人の暴力団が存在していました。現在、暴力団に登録されているのはわずか14,400人で、13,800人の仲間がいて、78歳の司忍率いる山口組が最大の8,900人である。

かつては若い男たちが上司の気を引こうとしていた芝の争いも、今では中年になった男たちの手によって繰り広げられている。昨年10月、山口組のライバル関係者が路上で射殺された事件では、警察が68歳の容疑者を逮捕した。

かつては、若手の暴力団員が親分の命令で犯罪を犯しても、40代のうちに出所して評判を高め、将来の経済的な安心感を得ていた。しかし、終身刑も含めて刑期が長くなったことで、勇気と忠誠心に対する報酬が保証されなくなっています。

“今、刑務所に入ったら、それは事実上の終わりだ」と鈴木は言い、全身タトゥーや数十年に及ぶアルコールや薬物の乱用で肝臓がボロボロになっている年配の男性は、「中で死ぬことが予想される」と付け加えた。

ヤクザのメンバーは2000年代半ばから自由落下している。それは、一般市民が暴力事件の後、地方自治体に暴力団を追い出すよう圧力をかけたためである。

20年以上に及ぶ経済の不確実性と相まって、法律の厳格化は日本の社会的、政治的、経済的な生活におけるヤクザの役割を弱めている、と鈴木氏は言う。”警察は公には認めようとしないでしょうが、彼らは自分たちの仕事を辞めさせたくないので、すでに日本社会ではヤクザが無関係になりつつある時代に入っています。

今は大阪の安アパートで一人暮らしをしているが、朝日新聞の取材に応じた元暴力団員は、法の裏側で生きていることに複雑な思いを抱いていると語った。

“私はどうにかして今まで生き延びてきた。”でも、また時間があったらギャングには入らない。私は3回刑務所に入ったが、今は家族もなく、貯金も仕事もない。