東京の地震は、日本の首都の脆弱性を懸念させるものでした。

木曜日の夜に東京で発生した地震は、東京の地震リスクに対する懸念を再燃させました。

日本では過去に、首都直下型のマグニチュード7の地震など、将来の地震を想定したシナリオを繰り返し作成してきました。

東京で大きな地震が発生する可能性が高い

しかし、10年ぶりの強さとなった今回の地震の直後、気象庁はいち早く「前震ではない」と指摘しました。

タスカダ氏は記者会見で、「現段階では、今回の地震が東京直下型の予知地震と関連しているとは考えていない。地表から非常に深いところで発生し、マグニチュードは5.9とかなり小さいものでした」と述べている。

南関東の地下では、南から構造プレートが、東からはより深いプレートが接近しており、将来的に大地震が発生する可能性が高いと言われています。

気象庁は、今回の地震は深さ約75kmの地点で発生し、2つの構造プレート間の摩擦によって引き起こされたと考えている。

気象庁によると、今後、東京で同規模の地震が発生する可能性は10〜20%とされています。

対策が必要なレポート

日本政府は2013年に、今後30年以内に首都圏でマグニチュード7の地震が発生する確率を70%とする報告書を発表しました。

最悪の場合、地震による死者は最大で23,000人、被害額は95兆円(約7310億ユーロ)を超え、61万棟の家屋が倒壊すると言われています。

しかし、タイムリーな準備ができれば、死者数は10倍の約2,300人にまで減らせる可能性があります。特に、死者数の約7割を占めると予測される火災の対策には十分な注意が必要です。