ネットビジネスは情報商材だけで稼げるのか?

私自身がネットビジネスで年収数千万円を稼げるようになりました。

 

「ネットビジネスって情報商材だけで稼げるんでしょうか?」

 

というお問い合わせはよくいただきます。

 

私の実体験を元に、真実をお伝えしたいと思います。

ネットビジネスは本当に情報商材だけで稼げるのか?

 

情報商材って何?

私は、「アフィリエイト」で稼いでいるんですが、

 

アフィリエイトで王道の情報商材というと、

 

・ルレア

・下克上

 

などが有名ですね。情報商材とは、稼ぐためのノウハウが書かれた

 

教科書のような物です。

 

ルレアは物販アフィリエイトで稼ぐためのノウハウで、

 

下克上とはアドセンス広告で稼ぐためのノウハウです。

 

情報商材は、だいたいが一万円~三万円など、数万円の価格帯で販売されていることがほとんどです。

 

それで、情報商材「だけ」で稼げるようになるんでしょうか?

 

情報商材だけで稼いでいる人もいる

特にアフィリエイトで顕著なんですが、

 

正しい作業を積み重ねると大なり小なり結果は出てきます。

 

正しい教科書を見ながら作業しているのに、

 

半年経っても成果がゼロ円の場合は

 

・間違った方法で作業している(理解の相違)

 

・作業量が足りない

 

このうちのどれかです。

 

ここで、情報商材のデメリットを見ていきましょう。

 

理解の相違

同じノウハウを手にしても、10人いれば10通りの理解があります。

 

ノウハウ通り素直に作業できれば問題ないんですが、

 

中には理解の違いでノウハウ通り作業できない人もいることでしょう。

 

すると、情報商材の特徴なんですが、販売する対象は「大多数」です。

 

 

一部サポートが含まれているものもありますが、

 

サポートはおまけのようなもので、大多数に対してかんたんに答えています。

 

しかし、情報商材自体がそういった性質なので、

 

手厚いサポートはもともと期待するべきではないですね。

 

作業量が足りない

情報商材を手にした直後というのは、

 

情報商材を買うためにお金も払っていることですし、

 

「これでがんばって稼ぐぞ~!」と、

 

みんなやる気に満ちあふれています。

 

 

しかし、情報商材を読んだだけで満足してしまう人も少なくありません。

 

 

例えば運転免許証を取得したくて、

 

教習所に通って学科だけ優秀でも、実際に車の運転の練習を何度もしなければ

 

技能には合格しませんよね?

 

 

それとおんなじでいくら情報商材の知識だけを手に入れても、

 

作業が伴わなければ成果は出ないと考えていいです。

 

情報商材で成果が出ない人は、

 

圧倒的に作業量が足りないと考えていいですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ